猟団部屋 その1

猟団ランクが2以上になると、猟団専用の空間「猟団部屋」が利用できるようになります。猟団部屋は猟団ランクが上がることで、さらに機能が充実し、部屋自体のレベルも上がります。

ワールドによる猟団部屋への入室制限

猟団部屋は、最初に入室した猟団員のいるワールド・ランドに作られます。そのため、猟団部屋が作られたワールドのHR設定に合わない猟団員は、その猟団部屋に入れなくなってしまいます。

区の種類による違い

ランドの人数による制限

ランド内にハンターが多くいる場合、そのランドでは猟団部屋の作成ができません。
猟団部屋が作成できない場合は、人数に余裕のあるランドに移動して、猟団部屋の作成を行なってください。

猟団部屋への入室

(1)猟団受付官に話しかけ、「猟団部屋に入る」を選択

メゼポルタ広場にいる猟団受付官に話しかけてから、「猟団メニュー」→「猟団部屋に入る」の順に選択します。

 

猟団ランクが2以上になった後の「定期メンテナンス明け」に、「猟団部屋に入る」を選択できるようになります。猟団ランクが上がった直後では入室できないのでご注意ください。

猟団部屋に入れるのは、所属している猟団員のみです。他の猟団の猟団部屋には入れません。

 

(2)メゼポルタ広場にある出入口で
「猟団部屋へ移動」を選択

猟団受付官のほか、メゼポルタ広場にある出入口からも猟団部屋に移動できます。

▲ 上へ戻る

猟団部屋Lv(レベル)

一定の猟団ランクを上げることで、猟団部屋自体のレベル「猟団部屋Lv(レベル)」を上げることができます。

猟団ランク7で、猟団部屋Lv2に上がり、建物が大幅にグレードアップします。窓からは景色が見える部屋になり、部屋のテーブルの数が増え、共用アイテムボックスも1ページ追加されます。

猟団部屋の設備には下記のようなものがあります。猟団ランクが上がることで、さらに機能が拡張されていきます。

▲ 上へ戻る

猟団アイテムボックス

猟団アイテムボックスには、猟団員が狩猟したモンスターの素材を一部受け取ることができる「おすそわけボックス」と、猟団員間でアイテムの共有ができる「共用アイテムボックス」の2つの機能があります。

(1)猟団アイテムボックスを開く

猟団アイテムボックスの前に立ち、所定の操作を行ないます。

(2)猟団アイテムボックスの操作を選択

いずれかのボックスを選択します。

 

おすそわけボックスを選択すると、アイテム受け取りの権利が更新されるまで再度アイテムを受け取ることができなくなりますのでご注意ください。

おすそわけボックス

猟団員が狩猟したモンスターの素材を、一部受け取ることができます。 アイテム受け取りの権利は、毎日0時と12時に、アカウントごとに1回分付与されます。

※おすそわけアイテムを受け取るには、ハンターライフコースをご利用中である必要があります。

 

自分のランクに合った素材が追加されます。

初期のおすそわけボックスに保存される上限は5アイコン分です。猟団部屋が大きくなることで上限は増えていきます。

おすそわけボックスにアイテムが1つでも入っていると、猟団アイテムボックスが光り輝きます。

共用アイテムボックス

猟団員間で「レア度3までのアイテム」の共用ができるアイテムボックスです。消費系アイテムや、レア度の低い素材などを猟団員間で自由に受け渡しすることができます。

 

武具やレア度の高いアイテムなどは、共用アイテムボックスに入れることができません。

初期の共用アイテムボックスに入れることができる上限は100アイコン分です。一定の猟団ランクを上げることで上限は増えていきます。

マイハウスのアイテムボックスとは異なり、アイテムの配置は毎回自動的に並べ直されます。

共用アイテムボックスの操作を選択

共用アイテムボックスでは以下の操作を行なえます。

 

共用アイテムボックスは同時に1人しか利用できません。

 

アイテムをしまう 自分のアイテムポーチにあるアイテムを共用アイテムボックスにしまいます。ボックスがいっぱいの場合は、アイテムを入れ替えます
アイテムを取り出す 共用アイテムボックスにあるアイテムを取り出し、アイテムポーチに所持します
持ち物を売る 共用アイテムボックスにあるアイテムを選択して売却します。売却して得たゼニーは、売却したハンターの所持金になります

 

エクストラコース利用者は「小エクストラボックス」も利用可能!

エクストラコースをご利用中の方は、「小エクストラボックス」が猟団部屋でも利用可能です。マイハウス内にあるアイテムボックスと追加アイテムボックスから、装備を除くアイテムの出し入れなどをすることができます。

 

※追加アイテムボックスの利用には、エクストラコースの他にハンターライフコースもご利用中である必要があります。

▲ 上へ戻る

椅子

テーブルのある場所の椅子では、座って酒場と同じようにジョッキを持ってさまざまなアクションを楽しめます。テーブルのない場所の椅子は座ることのみできます。

(1)椅子に座る

椅子の前に立ち、「椅子に座る」と画面に表示されている状態で、所定のキー、もしくはボタンを押します。

(2)カメラ操作をする

椅子に座った状態でカメラ操作をして視点を移動できます。

(3)椅子から立ち上がる

「立ち上がる」と画面に表示されている状態で、所定のキー、もしくはボタンを押します。

アクション

テーブルのある場所の椅子に座った状態でキー操作を行なうとハンターがアクションを行ないます。一定の動作を続けるアクションの場合、何かキーを押すと元に戻ります。

座ったままジョッキを振り回す
立ち上がってジョッキを振り回す
椅子に横になって寝る
テーブルに突っ伏して寝る
ジョッキを持って乾杯する
ジョッキを飲み干す。あまり飲み過ぎると…

▲ 上へ戻る

狩人祭

猟団ランクが1以上になると狩人祭に参加することができるようになります。

 

狩人祭

▲ 上へ戻る

着替え部屋

猟団ランクが2以上になると、猟団ポイントを使用することで装備が変更できるエクストラボックスが設置された着替え部屋を借りることができます。必要となる猟団ポイントは現在の猟団部屋のレベル×10RPで7日間猟団員全員が使用可能です。

▲ 上へ戻る

レジェンドラスタ

猟団ランクが2になると、猟団部屋が解放されるとともに部屋の中にレジェンドラスタが現れます。

レジェンドラスタの詳細は下記をご確認ください。

レジェンドラスタ

 

猟団部屋にいるレジェンドラスタは、通常のレジェンドラスタと異なり、各レジェンドラスタが出してくる課題(ストーリー)をクリアすることにより、1日1回限定でクエストに同行させることができます。

レジェンドラスタ同行の注意点

・レジェンドラスタから出されたストーリーを達成することで同行依頼ができます。

・ストーリーは1日1回のみ達成可能です。毎日昼の12時にカウントがリセットされます。同行依頼の権利も同じタイミングでリセットされますので、ご注意ください。

・猟団員1名に対して、1日1回のみ同行依頼が可能です。

・同行依頼を行なった上でクエストに同行できなかった場合(パーティーに4人ハンターがいる、レジェンドラスタ同行設定がOFFになっている)、次回に権利が持ち越します。

・猟団部屋の同行依頼を行なったレジェンドラスタは、猟団部屋内から出発したクエストのみで有効です。

・アシストコースが有効な場合、同行依頼は行えません。

・Lラスタ同行券を使用してレジェンドラスタと契約を行なっているとき、契約中のレジェンドラスタが猟団部屋に登場して同行依頼をする場合、契約状態をリセット(契約内容をすべて空白にした状態に戻す)してからの依頼となります。

・Lラスタ同行券を使用してレジェンドラスタと契約を行なっているとき、契約していないレジェンドラスタが猟団部屋に登場して同行依頼を利用した後の契約状態は、メイン枠に登録されていたレジェンドラスタは契約解除となり、サブ枠のレジェンドラスタがメイン枠に移動します(複数人契約していない場合は、契約していない状態になります)。

レジェンドラスタの同行方法

(1)猟団部屋にいるレジェンドラスタに話かけます。

(2)ストーリーを選択して、レジェンドラスタからの課題を達成します。

(3)同行依頼が選択可能となりますので、依頼を行ないます。

(4)猟団部屋内にいる、羽根ペンネコやG級クエスト受付に話かけ、クエストに出発すると、レジェンドラスタが同行します。

▲ 上へ戻る

トレジャーネコ

猟団ランクが2以上になるとトレジャーネコが猟団部屋内に出現します。トレジャーネコからは猟団トレジャーが行なえます。猟団トレジャーの詳細は下記をご確認ください。

 

猟団トレジャー

▲ 上へ戻る

ページを閉じる